現実創造の「ワン・コマンド」実践中

2012年に「ワン・コマンド」と出会って、2か月後、4か月後に劇的な変化が・・・・。とうとう2014年1月、創始者のアサラ先生のセミナー参加、8月にはコーチ資格も取ってしまったコンサルタントのブログです。東日本大震災までは、経営していた雑貨店のブログでした。震災前の記憶として、昔の記事も残してあります。

2012年のことをもう少し書いておきます。

震災後仕事が多少戻ってきた2012年の秋にアサラ先生の著書「シータ・コマンド」を手にしました。この本を「読んでみたら」といってくれたのは妻でした。

 

当時の私は福島県の委託事業をしており、行政や学校がクライアントでした。震災で半年以上、仕事がストップして蓄えも底を尽きかけており、ぎりぎりの状態だったのです。

知人に頼まれて委託事業の講師をしていたのですが、「このまま委託事業で続けていくのはどうなのか?」を真剣に考えなくてはならないタイミングでした。

 

税金で報酬をいただいているので、良い仕事をしても単価が上がるわけではなく、更に地震のような災害で全く仕事が動かなくなる、ということは自分でコントロールできないということです。

 

独立して雑貨店をしていた時は「自分で自由に稼ぐ」ということを当たり前にしていたのですが、いざ講師の仕事がびっしり入ってくると、いつの間にかその感覚が鈍ってきていたのです。他の仕事ができないほど、相手任せの仕事でスケジュールを埋めてしまっていたのでした。

遅まきながら、震災と妻からのアドバイスでそのことに気づかされたのでした。